問い合わせ
トピック - Tech & trend

1本の電動昇降装置。 さまざまなオプション

設置スペースに限りがある場合にお勧め: ホームオフィスでも職場の個人ブースでも、スペースの有効活用が極めて重要となります。しかし、どこで仕事をするにしても、人間工学に優れた昇降デスクソリューションも欠かすことはできません。 LINAKの1本脚ソリューションは、これら2つの最優先事項を踏まえたアイデアを実現します。

狭いスペースに最適、コンパクトな昇降オフィスデスク。 1本のLINAK 電動昇降装置で人間工学の向上。

どのような環境にも人間工学に優れた設計を導入

一般的に、狭いスペースをデザインするのは簡単ではありません。 しかし、IC(コントロールボックス内蔵)の電動昇降装置を軸にソリューションを設計すれば、非常にすっきり、整然としたデザインのコンパクトデスクを設計することができます。

デスクのフットまたは壁への取付金具を作り、電動昇降装置に天板を直接取り付けた後、電源に接続するだけで、昇降デスクの完成です。 LINAK® 電動昇降装置の使用により、設置したい場所に簡単に収まる、人間工学に非常に優れたソリューションを設計していただけます。

 

デスク「Noa」 - 電動昇降装置1本のみを使用したエレガントなデザイン

Benchmarkの家具職人、トム・パーフィット氏は、彼の自宅に適したソリューションを探していましたが、見つけることができませんでした。 それが、デスク「Noa」開発のきっかけになりました。

Noa は天然素材を生かしてつくった1本脚の昇降デスクで、狭いスペースに最適です。また、人間工学にも優れたデザインになっています。 導入事例はこちらをお読みください。

Benchmark 社 電動昇降デスク「Noa」

 
 

オフィスホテルにチェックイン

オフィスデザインのトレンドは従来のオープンなオフィスから離れつつあり、 プライバシー強化と断続的リモートワークに基づく新たなソリューションが採用され始めています。 このようなトレンドの変化に伴い、柔軟な勤務様式で働く新世代オフィスワーカーの仕事環境と健康を維持・改善するための人間工学に基づいた新たなソリューションの必要性が認識されてきています。

人間工学に優れた、カラフルな昇降テーブルで作るモダンなオフィス環境、これをLINAKの電動昇降装置が実現させます。

 

新たな勤務様式への別のアプローチとして、オフィスホテルがあります。これは、ワーカーがオフィスに出勤・滞在する必要がほぼないIT企業などに特に適したソリューションです。 この場合もやはり、ワーカーがデスクを共有し、オフィススペースを縮小できるホットデスキングや「電話ボックス」のようなワークブースに加え、作業グループ内で変更が生じた際に新たな配置にフレキシブルに移動できるデスクの導入が重要となります。もちろん、ユーザーの入れ替わりをサポートする人間工学に優れた調節可能なソリューションも欠かせません。

プライバシー強化、1対1のミーティングや集中力を高める目的で、隔離された吸音性の高いワークブースとミーティングポッドの導入もよく見られます。ここでも、電動昇降装置1本で設計する人間工学に優れたコンパクトデスクソリューションは最適な選択肢と言えます。

 
 

バッテリー駆動ソリューションで自由度アップ

電源ケーブルを必要としないので、お好きな場所に設置していただけます。 ハイパフォーマンスのリチウムイオンバッテリー駆動ソリューションは、必要に応じて簡単に移動させることができますので、講堂や人通りの多い通路など人々がケーブルに足を取られて躓く危険性のある場所に最適です。

 
 

IC(コントロールボックス内蔵) スペースを有効活用可能 組み立てが簡単
IC(コントロールボックス内蔵)の電動昇降装置の使用により、すっきり、整然としたデザインのコンパクトデスクを実現できます。

電動昇降装置にコントローラーと外部電源(120V、230V、またはマルチ電圧)を直接取り付けたら、完成です。

 
 

一本脚 - デザイン、パフォーマンス、人間工学、どれにも妥協しない

トレンドのスッキリとしたスタイルながら機能も充実。電動昇降装置 DL18 IC PLUSはメカ的な穴が外から見えず、エッジもすっきりとした非常にクリーンなデザインとなっています。 Kick & Click™ トップベースを付ければ、天板への電動昇降装置取り付けも簡単です。 LINAKの幅広い製品ラインナップから、高さ調節機能を直感的に操作できるコントローラー外部SMPS(スイッチング電源)(230Vまたは120V)をお選びください。

貴社のフット、スタンド、壁付け金具を追加し、お好みの天板をご用意いただいたら、組み立て準備の整ったパッケージの完成です。今日のビジネス・デザイントレンドに最適なデスクをお楽しみください。

このほか、2本脚同期のデスクシステムに搭載されていた「ソフトスタート・ストップ」など、LINAK製品でお馴染みの機能もご利用いただけます。また、LINAKの幅広い製品ラインナップから、レッド・ドット・デザイン賞を受賞したDPG1Cや、DPHDPTなど、高さ調節機能を直感的で簡単に操作できる上、天板に簡単に取り付けられるコントローラーをお選びいただけます。

 

LINAKにお任せください

LINAKは貴社に信頼されるパートナーとして、世界トップクラスのサポートと業界トップレベルのクオリティを提供します。 世界30を超える国・地域の販売拠点を通し、当社のお客様と各国市場のお近くで、世界中で培った実績に基づく専門知識を共有することで、貴社の競争力の維持・向上に貢献します。

お近くのLINAKオフィスをこちらからご確認ください。

 

 

狭いスペースに収まるコンパクト設計  +  必要な作業スペースを確保できる広さ     両方を兼ね備えたデスク
新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより在宅勤務が当たり前になる中、新たな勤務環境の目新しさが失われるにつれ、次の点が明白になってきました。通常勤務するオフィスで享受しているのと同レベルの人間工学に基づく柔軟性が、在宅勤務の効率性を最大限引き出すには必要であることです。

LEGO、シニアマネージャーのHans Jørgen Kloster Klein氏は昨年から、 新たなリモートワークスタイルに慣れ、健康的で生産性を落とさないで作業できる環境作りに注力してきました。

「突然、私は自宅から終日勤務することになりました。 この変化への素早く、簡単な解決策が、昼間はダイニングテーブルを仕事場として使い、家族が夕方に帰宅すると私のラップトップを片付けることでした。 しかし、すぐに1日中ダイニングテーブルに座っていることに不快感を覚え始めました。 簡単に言えば、LEGOのオフィスにある私の電動昇降デスクが恋しくなったのです。また、自宅に専用の「オフィス」スペースがなかったことも不快感の一因でした」とHans氏。

「そこで、私のベッドルームの隅に高さ調節可能なコンパクト電動昇降デスクを置くことにしました。 このデスクは狭いスペースに収まるコンパクト設計なのに、必要な作業スペースを確保できる広さを兼ね備えており、十分な大きさのスクリーンも置けます。 デスクの高さ調節コントローラーは一目で操作方法が分かるため、姿勢を変える必要がある時に簡単に操作できます。事前設定の高さにデスクを昇降する場合は、携帯電話のアプリを使用しています」とHans氏は続けます。

電動昇降装置1本を使用したホームオフィスデスク
 

「このシンプルなソリューションは、すぐに2つのメリットをもたらしてくれました。1つ目は1日の終りにすべてを片付ける必要のない私専用の仕事場を得られたこと、もう1つは腰を痛めないようにデスクを立位と座位の高さに1日中切り替えられるようになったことです。 また、予想していなかった思いがけないメリットもありました。同僚が言うには、立ってる時の私の声の方がずっとステキに聞こえるそうです」とHans氏は満面の笑みで最後に付け加えます。

「詳細はこちら」ボタン

 

 
オフィスから在宅勤務になっても人間工学の視点は忘れずに

オフィスからホームオフィスになっても人間工学の重要性は変わりません!
ニューノーマルなワークスタイルにより、仕事場をオフィスデスクから自宅のキッチンテーブルへと変える人が増えています。 また、世界の状況から職場への通勤が再開されても、在宅勤務(テレワーク)は一定の形で継続されるとみられます。 テキサスA&M大学人間工学センターのマーク・ベンデン博士とマーサ・パーカー研究員は、現在と今後の在宅勤務の課題を乗り越えるための多くのヒントとコツを提案します。
続きを表示

 

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。