問い合わせ
電動アクチュエータ / 電動シリンダー

LA10

リクライニングチェアなど、スペースが限られている家具に最適。コンパクトで場所を取らない電動アクチュエータ。 電動アクチュエータ同士を直列接続して使用するLA10システムは、コントロールボックスを別途取り付ける必要がなく、使用するケーブルの本数も少ないため、ケーブルに起因する故障リスクを最小限に抑えています。

動画を見る
動画をご覧ください。 リクライニングチェア向けLINAK電動アクチュエータ システム play-icon

リクライニングチェア向けLINAK電動アクチュエータシステム - 快適さが譲れない家具に最適

play-icon

電動リクライニングチェアのラインナップに LINAK My Recliner アプリを追加

play-icon

LINAKのリクライニングチェアシステムでメンテナンスサービス回数減

play-icon

バッテリー・お気に入りの高さ付きリクライニングチェアシステム

play-icon

リクライニングチェアの電動アクチュエータシステム用バッテリーBA002

play-icon

輸送・保管に適した LINAK BA002バッテリー

LA10

この電動アクチュエータシステムは、リクライニングチェアの調節装置として開発されました。

LA10はスペースが限られている家具でもすっぽりと収まる、コンパクトで場所を取らない設計です。 電動アクチュエータを直列接続して使用するシステムで、従来のようなコントロールボックスは不要です。また、システム全体で使用するケーブル本数も減らし、 よくある故障の原因を排除しました。

LA10システムは、電動アクチュエータの直列接続により、データの共有が可能となっています。 つまり、デイジーチェーン接続される電動アクチュエータの順番を設計者が考える必要はありません。 接続した瞬間に、電動アクチュエータはチェーンにおける順番を自動的に認識します。 これらの電動アクチュエータを1本のケーブルで接続するだけで、電源と電動アクチュエータ制御データの両方を各電動アクチュエータに送ります。 このように'power line communication(PLC)'を使うことにより、 コントローラーとワイヤレス接続するためにどの電動アクチュエータにBLE2DCプラグを差し込むかも、重要ではなくなります。

そして、電動アクチュエータ LA10にはコンフィギュレーター ソリューションが付いてきます。 これにより、柔軟性がさらにアップする他、家具設計を変更するたびに貴社がアクチュエータの設定を変更することができるので、スピーディに新モデルを発売できます。 

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

LA10 システム データシート

オンライン・PDFでデータシートをご覧ください。

LA10 システム ユーザーマニュアル

このユーザーマニュアルでは、リクライニングチェア向けシステム LA10のペアリング、セットアップ、使用方法について説明します。

リクライニングチェア向け電動アクチュエータシステム

LINAKの信頼できる調節可能なリクライニングチェア向け電動アクチュエータ システム(ワイヤレスコントローラー付き)シリーズをご覧ください。 バリューチェーン全体に配慮したシステムとなるよう、製品開発に際し、アンケートを実施しました。

HOMELINE製品概要

昇降ベッドとリクライニングチェアの両方に対応する幅広いHOMELINE システムと製品をご覧ください。

リクライニングチェア - リクライニングチェア用 LA10 システム(バッテリーなし)の接続方法を教えてください。

リクライニングチェアに電動シリンダー LA10 システムを取り付ける方法を見る。(バッテリーなし)

ビデオのシステムは以下で構成されています。

  • 電動シリンダー LA10
  • Bluetooth ドングル BLE2DC
  • 取り付けブラケット MB001(取り付け方法は、 コントロールユニットの LA10への取り付け をご覧ください)
  • 充電ポイント CP002
  • 接続ケーブル
  • 安全リリースケーブル
  • 電源ケーブル
  • SMPS006
  • 充電ケーブル
  1. BluetoothドングルをLA10電動アクチュエータに差し込みます。「カチッ」という音がしたら、所定の位置に設置できたことが確認できます。
  2. 2台の電動シリンダーLA10 を接続ケーブルで接続します。
  3. 電動シリンダーLA10 の空いているDCポートに充電ポイントを接続します。
  4. 電源ケーブルと電源SMPS006を接続します。
  5. SMPS006 に充電ケーブルを差し込みます。その充電ケーブルに安全リリースケーブルを接続します。
  6. 安全リリースケーブルを充電ポイントに接続します。
  7. リクライニングチェア用のシステムが完成です。

LINAK® リクライニングチェアシステムに関する詳細は、 リクライニングチェア向け製品ページ をご覧ください。

リクライニングチェア - LINAKシステム搭載のリクライニングチェアの新しいリモコンはどこで購入できますか?

LINAK® はコントローラーを直接ユーザー様に販売しておりません。リクライニングチェアを購入したお店にご連絡ください。

リクライニングチェア - 使用しているリクライニングチェアにLINAKシステムが搭載されているかどうかは、どうすれば分かりますか?

リクライニングチェアに LINAK® システムが搭載されているかどうかを確認する方法をご覧ください。

通常、SMPS やコントローラーのバッテリー下を見ることで、LINAK システムかどうかがわかります。

リクライニングチェア - BP10 をリクライニングチェアに取り付け方を教えてください。

LINAK®システムのリクライニングチェアに各種 BP10 と対応する取り付けブラケットを取り付ける方法をご覧ください。

コントロールユニットを取り付けるには、以下が必要です。

  • マウンティングブラケット MBJ
  • BP10コントローラー x 1個 (このビデオでは BP12 をご紹介します。
  • マイナスドライバー
  • 4 本のネジ 皿穴 45°、平頭、最大 ø3.5 mm
  1. ブラケットをリクライニングチェアの取り付けたい場所に設置します。ネジでしっかりと取り付けます。
  2. 金属プレートをブラケットに入れ、金属プレートの上の所定の位置に上部をカチッとはめます。正しく設置すると、カチッという音が聞こえます。
  3. コントロールユニットをブラケットに置きます。

LINAKリクライニングチェアシステムに関する詳細は、リクライニングチェア向け製品ページをご覧ください。

リクライニングチェア - 充電ポイントをリクライニングチェアに取り付ける方法を教えてください。

LINAK®システムを搭載したリクライニングチェアに CP002 と CP003 を取り付ける方法をご覧ください。

  1. CP002 or CP003 を取り付けるには、使用する表面にドリルで穴を開ける必要があります。CP002では 24mmの穴を、CP003 では30mmの穴をドリルで開けます。
  2. 裏面からリングを充電ポイントに押し当て、布地にしっかりと固定します。カチッという音がします。
  3. 充電ポイントの内輪は、電源に接続されると点灯して、充電されていることを示します。

LINAK リクライニングチェアシステムに関する詳細は、リクライニングチェア向け製品ページをご覧ください。

リクライニングチェア - BP10 コントローラーをリクライニングチェアにペアリング方法を教えてください。

LINAK®システムを搭載したリクライニングチェアに BP10 コントローラーをペアリングする方法をご覧ください。

  1. システムを電源に(再)接続します。
  2. コントロールユニットの上部にある 2 つのボタンを同時に押します。
  3. コントローラーとシステムがペアリングされ、使用できるようになります。

LINAK リクライニングチェアシステムに関する詳細は、 リクライニングチェア向け製品ページをご覧ください。

バーチャルショールームをご覧ください

電動アクチュエータ ソリューションは、ホームファニチャー、デスクにどのように動きをもたらすのでしょうか?

今すぐ見る

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。