問い合わせ
コントローラー

ABL

ABLプリント基板が、アナログ方式ユニットをBluetooth Low Energyユニットに変え、アテンダント コントロールやコントローラーなど、医療機器の一部として組み込むことができます。

ABL

この小さなABLプリント基板をお使いいただくことにより、アナログ方式ユニットをBluetooth® Low Energyユニットに変えることができます。 ABLプリント基板を医療機器のレールなどにアテンダント コントロールやコントローラーとして仕込み、簡単に位置を調節できるようにしても良いでしょう。 ABLは両面板のPCBAで、Bluetoothコマンドにスイッチを切り替えるので、 サイドレールやコントローラー(ハンドセット)、フットコントローラー、タッチパネルなど、OEMコントローラーで使用できます。

ABLのもう1つの利点は、機器への適合性に優れており、簡単に取り付けることができる点です。 ABLプリント基板は外部製品でもお使いいただけます。 専用のソフトウェアにより、機器をワイヤレス方式に変換できます。

 

ABL データシート

オンライン・PDFでデータシートをご覧ください。

2D図面

2D図面はありません。
詳細については、お近くのLINAK子会社・代理店にお問い合わせください。

電動アクチュエータおよびエレクトロニクス製品 ユーザーマニュアル

このユーザーマニュアルでは、LINAKエレクトロニクス製品の接続、使用およびメンテナンス方法について説明します。LINAKシステムは、長年に渡って故障なくお使いいただけるでしょう。

ABL - アナログ入力方式をBluetooth® Low Energyユニットへ

ABL(プリント基板) はワイヤレス通信できるため、ケーブル接続が不要です。 ABLをお使いいただくことにより、お客様は望み通りのコントローラーを作ることができます。

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。