アクセサリー

WiFi2LIN モジュール

このWi-Fi モジュールはLINAKの電動リクライニングベッド用Voice Control(音声コントロール)ソリューションに含まれています。 LINAK Voice Controlソリューションを取り付け、カスタマイズ可能なBed Control IoTアプリと共にお使いいただくことで、電動リクライニングベッドをGoogle HomeやAmazon Echoなどの音声コントロールで操作できるようになります。

WiFi2LIN モジュール

WiFi2LIN ボックスは、 HOMELINE®製品を取り付けた機器 をWi-Fiに接続します。 従って、貴社製品は、機能を充実させるVoice ControlなどのIoT(モノのインターネット)ソリューションが使える、スマートホーム対応機器となります。

WiFi2LIN ボックスはLINAK クラウドを介して音声コントロールからデータやコマンドを受信し、ベッドを希望のポジションに動かします。

WiFi2LIN ボックスはLA18 IC Advanced /TD4 Advanced  /TD5 Advancedに対応しています。

WiFi2LIN ボックスは接続が簡単です。 電源ケーブルと通信用のLINbus ケーブルで機器とこのボックスを接続したら、電源を入れるだけです。

Bed Control IoT アプリ を使って、ご自宅のネットワークに接続できるようボックスをセットアップしましょう。 ボックスは、ベッドの匿名登録を行うLINAK®一般クラウドと接続します。

LINAK HOMELINE アプリケーションクラウドにユーザーアカウント情報が保管され、ユーザーアカウントとベッドが関連付けられます。 ユーザーアカウントとスマートホームシステムのアカウントが関連付けられると、ユーザーはスマートホームにある音声コントロールを使って、意図したベッドを操作することができます。

WiFi2LIN モジュール データシート

データオンライン・PDFでデータシートをご覧ください。

WiFi2LIN モジュール ユーザーマニュアル

このユーザーマニュアルでは、WiFi2LIN モジュールをアクチュエータに接続するための準備、取り付け、最終仕上げについて説明します。 LED 1 及び LED 2 ライトインジケータを含みます。

HOMELINE 製品カタログ - 概要

LINAKでは、ボックススプリングベッドとスラットベッドの両方で使える動作音が静かな小型TWINDRIVEシステムを幅広く提供しています。是非ご覧ください。

リクライニングベッドの音声コントロール誕生

スマートスピーカーがあらゆるところで家具や機械を操作するようになりました。もちろん、寝室も例外ではありません。 LINAKのコネクティビティは貴社が今後開発するリクライニングベッドでもお使いいただけ、ブランド力をサポートし、エンドユーザーの毎日の生活を変えるでしょう。 LINAK製品を導入することでベッドの性能を向上し、ユーザーが夢に描いてきたベッドを提供できます。

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。