問い合わせ

位置フィードバック

電動シリンダーの位置を常に把握することで、お客様の用途に最適なパフォーマンスを実現します。

 

位置フィードバックのアニメーション

 

電動シリンダーからの位置フィードバックにより、位置を正確に把握することができます。ほとんどの用途で、最適なパフォーマンスの実現にはこのフィードバック機能が不可欠です。これはLINAK® I/O™インターフェースの一部で、電動シリンダーに追加することのできるスマートなオプションの一つです。

以下は、位置フィードバックの特長概要です。これらはすべて、LINAKがサポートするActuator Connect™コンフィグレータで設定できます。

 
 

Actuator Connect™ソフトウェアアイコン

LINAK®IC™(ドライバー内蔵)は柔軟性が高く、お客様固有の要件やニーズに合わせて調節することができます。直感的なActuator Connect™コンフィグレータで電動シリンダーの設定を行ってください。

最新のActuator Connectコンフィグレータの無償版のダウンロードはこちら から。

 
 

電動シリンダーの位置を読み出す

- 差動アナログ位置フィードバックとして

アナログ信号は、産業用アプリケーションの制御システムによく使用される普遍的なフィードバック方式です。

LINAKは電流 (mA)または電圧(V)のフィードバックをお客様のコントロールシステムに提供することが可能です。デフォルトの出力範囲は 4-20 mA または 0-10 V です。また、出力信号の範囲をカスタマイズすることも可能で、より簡単にお客様側の制御回路に組み込むことができます。

電動シリンダーの位置決めは、差動アナログ位置フィードバック方式を採用しており、フィードバック回路を別電源とすることで安定した出力を実現しています。また、産業用途にて信号品質を損なうことなく、より長いケーブルの使用を可能にします。

バーチャルリミットを構成するときにフィードバック信号をスケーリングして、新たに設定されたエンドストップ(バーチャルリミット)に従ってフィードバック出力が調整されるように選択します。

 

2つのデジタル出力をご希望に合わせて正確に設定

- 複数のデジタル位置出力オプションにより実現

電動シリンダーは、お客様のご希望に合わせて正確に設定できる、複数のデジタル位置出力オプションを提供しています。

デジタル信号を使用するアプリケーションでは、アナログ位置フィードバックの代替として、シングルホールXORおよびデュアルホールによるフィードバック信号を提供します。これらは正確な位置フィードバック信号であり、装置内の他のコンポーネントなど、外部ノイズの影響を受けません。

アナログ位置フィードバックの補助として、あるいは独立した機能として、電動シリンダーが完全に収縮または伸長したときに信号を出すエンドストップ信号を選択することができます。また、電動シリンダーの動作中にデジタル信号を受信することも可能で、例えば、機器内で何かが動いていることを示すためにLEDを点灯させるといった使い方ができます。

場合によっては、電動シリンダーが予め定義されたエンドストップゾーンに到達するタイミングを知ることで役に立つことがあります。この機能により、電動アクチュエータがゾーン内またはこのゾーン内の電流制限に達したときにデジタル信号を送信できるゾーンを定義することができます。これにより、お客様のPLCにリミット信号が来る前に物理的なエンドストップに到達するようなアプリケーションの設計を強いられることがなくなります。

これらのデジタル信号のほとんどは、機器への組み込みを容易にするため、アクティブ”H”またはアクティブ”L”のどちらかを選択することができます。

 

I/Oインターフェースの詳細についてはこちらを、その他のI/Oオプションについては下記をご覧ください。

IC (ドライバー内蔵)™

ビルトインインタフェースオプションは、IC(ドライバー内蔵)電動シリンダーの数あるのメリットの1つです

詳細

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。