問い合わせ

CANopen® は、ヘビーデューティー機械のオートメーション化を促進

LINAK® 電動シリンダーで、オートメーションや自律走行搬送車両の制御を向上させる CANopen がお選びいただけるようになりました。  CANopen 搭載の電動シリンダーは、取り付けや設定が簡単です。

 

CANopen とは?

CANopen とは、 Controller Area Network(CAN)プロトコル ベースの高レベルの通信プロトコルのことです。 鉄道、農業、大型トラック・バス、船舶、オフハイウェイ/ 荒地走行車両、ファクトリーオートメーション(FA)などの産業で使用されている、 CiA 301 規格に依拠した主要ネットワークアーキテクチャです。

もともと、ハンドリングシステムなどのモーション指向の機械制御システム向けに設計されたこのプロトコルは現在、 ロボット(自動ロボット、コンベヤベルト、その他の産業機械)、車両(農業、鉄道、トレーラー、ヘビーデューティー、鉱業、船舶)など、様々な分野で使用されています。

 

LINAK の CANopen 搭載型電動シリンダー 

LINAK IC(ドライバー内蔵)™ プログラムの1つであるCANopen は、数十年にわたり市場で広く知られてきた通信技術です。 LINAK の CANopen 搭載の電動シリンダーは、産業オートメーションを念頭において設計されています。

オートメーションが急速に広がりを見せる中、制御オプションとして CANopen の需要が増加し、CANopen 搭載の電動シリンダーへの注目が高まっています。 CANopen オプションをお選びいただくことで、コンバータモジュール不要で、既存の CANopen ネットワークに電動シリンダーを直接組み込むことができます。 

CANopen アイコン
 

LINAK では、CANopen インタフェース対応の各種電動シリンダーを揃え、 機器メーカーにさらなる柔軟性を提供しています。 過酷な環境下での使用に耐えうる電動シリンダー LA36 および LA37では、24 Vと48 V DCが選択でき、さらに選択の幅を広げています。

また、 CANopen はバッテリー駆動の機械にも最適です。

 

高い柔軟性

CANopen は LINAK 電動シリンダーに加わったもう1つのオプションです。単一プラットフォームで様々な車両部品の制御・監視を行うソフトウェアエンジニア向けに、幅広い柔軟性を提供しています。 

 

特長・利点

CANopen 搭載型電動シリンダーは、フルポジション制御に加え、ピストン位置、電流値、速度、完全診断などの充実した情報も提供します。  また、システム動作中の実電流値とシステム識別データも提供するため、 迅速にトラブルシューティングすることができます。

CANopen 搭載型電動シリンダーの特長 

 

特長

説明


 

ソフトウェアアドレス

CANopen 標準または LINAK サービスツールを使って、個々の CAN Node-ID の割り当てができます。

 

ダイナミックな速度調節

CAN bus ネットワーク上での位置の直接読み取りと電動シリンダーの動作中の速度調節

 

ソフトスタートとソフトストップ

ソフトスタート・ソフトストップの作動時間を CAN コマンドで直接設定できます。 機械にかかるストレスを軽減し、よりスムーズな動作を実現するランプタイムを設定できます。

 

適合種類拡大

Autobaud に加えて、様々な固定式通信速度に対応しており、幅広い機械でお使いいただけます。

 

設置が簡単

電子データシートが.eds 形式で入手できるため、簡単に設定できます。

 

 
 
 

LINAK の CANopen 搭載型電動シリンダーには、数多くの利点があります

  • 電動シリンダーの位置をリアルタイムで確認 
  • 速度、稼働時間、電流、その他のステータスなど、有用なフィードバックの監視
  • 現在のデータと履歴データに基づく完全な診断とサービス概要示
  • 部品点数が少なく、シンプルな配線で機械への取り付けが簡単
  • サービスデータにより、トラブルシューティングとメンテナンスを迅速化
 
 

詳細をお知りになりたいですか?

連絡先アイコン

CANopen 搭載型電動シリンダー やその他のインタフェースについて詳しくは、LINAK におたずねください。

LINAK までご連絡ください

 
 
「CANopen 搭載型電動シリンダーは、電力消費量や位置、速度、パフォーマンスステータスなど、あらゆるデータを表示できるように設定できます。 つまり、より細かなコントロールが可能になり、問題をより素早く解決でき、サービス時間を短縮できます。」
Kim Andersen氏、Versalift の電気設計マネージャー。
 
 

サポート資料

LINAK 電動シリンダーや CANopen オプションに関する詳細は、LINAK の CANopen データシートやユーザーマニュアルをご覧いただくか、お近くのLINAKオフィスまでお問い合わせください。

CANopen ユーザーマニュアルソフトウェアバージョン 1
CANopen の電子データシート(.eds 形式)

 
 

BusLink

BusLink

LINAK® IC(ドライバー内蔵)電動シリンダーは BusLink ソフトウェアから設定できます。

最新の BusLink ソフトウェアの無料版をダウンロードし、電動シリンダーの設定や、サービスデータの確認にお役立てください。 基本機能についてはこちらでご確認いただけます。全ての通信プロトコルには固有の特徴があります。

 

IC (ドライバー内蔵)™

ビルトインインタフェースオプションは、IC(ドライバー内蔵)電動シリンダーの数あるのメリットの1つです

詳細

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。