産業用電動シリンダーにおけるクラッチの働き

産業用電動シリンダーにおけるクラッチの働きや、クラッチのついたシリンダーを使う利点について興味がありますか?関連用語、機能、採用されている技術について理解を深めることができます。

電動シリンダーの主要部品は、モーター、ギア、スピンドルですが、これにクラッチが追加される場合があります。このビデオでは、LINAK®電動シリンダーのエキスパートであるハンター・ステフェンソンが、産業用電動シリンダーにおけるクラッチの役割と、LINAK電動シリンダー LA36でクラッチがどのように機能しているかについて説明します。

電動シリンダーで使用されるクラッチには2つの役割があります。1つは産業機械と電動シリンダーを保護するためで、もう1つは制御用電子機器を使用せずに電動シリンダーを使用するためです。

さらに、クラッチがついた電動シリンダーは幅広い用途で使用できるため、さまざまな機械に簡単に取り付けることができます。

トルクが事前に設定した制限値を超えた場合、回転動作をモーターからギア、そしてスピンドルへと解除することにより、過負荷が電動シリンダーや機器にかかるのを防ぎます。この安全機能はモーターの回転動作と関係するため、電動シリンダーが動作中の時のみ機能します。クラッチの機能についてもっとお知りになりたい場合は、上のビデオをご覧ください。

産業用電動シリンダー用クラッチに関するご質問は、お気軽にお近くのLINAKオフィスまでご連絡ください。

 

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。