問い合わせ
事例

斬新な目的で使用される電動シリンダー

LINAKの電動シリンダーは、直線動作が求められるほぼすべての分野でお使いいただけます。 電動シリンダーは、クリエイティブなものを含め、さまざまな用途で使用されています。 こちらのページでは、電動シリンダーをスマートソリューションとして使っている導入事例をご紹介します。 これらの実例から多くのインスピレーションが得てください!

導入事例

スマートなレンガ切断機

すべてのレンガ職人には共通の悩みがあります。レンガは通常、職人自らの手で切断されており、それが非常に骨の折れる作業であるということです。 しかし、Smart Cutter社は、レンガ切断機を開発し、レンガ職人に救済の手を差し伸べています。 この切断機では、 LINAK電動シリンダー LA30が採用されています。

レンガ職人はレンガを手で切断する作業で、肩や鎖骨を痛めています。 Smart Cutterの考案者は、レンガ職人の作業環境を改善するには電動切断機を開発する必要があると考えました。 Smart Cutterを使うことにより、レンガ職人はレンガを切断する際に過度の負荷を自らの体にかける必要がありません。 そのため、怪我や負傷を防げ、効率を上げることができます。

レンガ切断機
切断機は、同期運転する2台の電動シリンダー LA30と、専用にプログラムした他社製のモーターコントロールユニット(ドライバー) TR-EM-339の組み合わせでレンガを切断します。これらすべてのアイテムはLINAKが提供しています。 インテリジェントなこの切断機は、切断対象となるレンガの大きさを記憶し、切断する度に切断開始位置から数ミリメーターの位置まで刃を自動で戻します。 そして、ボタンを押すだけで切断が実行されるのです。 切断するレンガの種類が変われば、その都度、マニュアルで刃の位置を調節することができます。

レンガ切断機が実際にレンガをカットしている様子は、Smart Cutterのウェブサイトでご確認いただけます。

スマートな切断機
 
 

 

豚舎清掃ロボット

豚舎の清掃は汚れが伴う作業です。 Washpower A/Sの請負業者であるWP Production社は、 LINAKの電動シリンダー LA12を搭載した豚舎清掃ロボットを開発しました。

豚舎の清掃は無意味だと思われるかもしれませんが、 実は極めて重要な作業です。 世界各地の養豚所で、豚舎を清潔に保つことは最重要事項で、実際、豚が豚舎から移動させられる度に掃除が行われています。 これまで清掃には高圧洗浄機を使い、手動で作業が行われてきました。 しかし、新しい清掃ロボットの誕生により、作業が不要になったのです。 これにより、作業がずっと簡単になっただけではなく、豚舎内の清潔度も上がり、豚にも作業員にもうれしい結果をもたらしています。

清掃ロボット
清掃ロボット開発の立役者はWP ProductionとWashpower A/Sです。 ロボットは豚舎に入り、パワフルなウォータージェットを使い、あらゆる壁の側面を洗い流していきます。 LINAKの電動シリンダー LA12 IC がロボットに取り付けられ、ウォータージェットの噴射対象面までの距離に応じてスプレーノズルを動かしています。 WP Productionは独自のPLCコントローラーも開発しました。

清掃ロボットに関する詳細は、Washpowerのウェブサイトでご確認いただけます。

ウォッシュパワー
 
 

 

緊急時に役立つトラック搭載型アッテネータ

自動車事故が起きた場合、素早く効果的に必要な車道を閉鎖することが極めて重要です。 LINAK 電動シリンダーがトラック搭載型アッテネータ(TMA)の2つのブロックを下ろし、ScanLEDが問題を解決します。

自動車事故や輸送貨物の落下、緊急道路工事等、急を要する現場では、場合によっては複数の車道を早急に閉鎖する必要があります。 そのような場合に便利なのが、トラック搭載型アッテネータ(TMA)です。 アッテネータは、閉鎖が必要な付近の前で停車するトラックの後方に取り付けられています。 アッテネータは総重量10トンにもかかわらず、トラックの前で働く作業員を守ると同時に、運転手がバリケードに気づかずTMAにぶつかっても大丈夫なように設計されています。

トラック搭載型アッテネータ
ScanLED は緊急時の要請に合わせて TMA を調節します。 通常、TMA は何よりも最初に現場に到着し、複数の車道を閉鎖します。 そのため、ScanLED は LINAKの 電動シリンダー LA36 とサードパーティ製モーターコントロールユニット TR-EM-288 を用いてTMAの片側または両側のウィングを下ろします。 ScanLED は安全性の強化に取り組んでいます。必要な推力が調節でき、ウィングの締め付けすぎの危険性を低減できるよう、油圧式ではなく電動式シリンダーを採用しているのはその一環です。 TMAのような衝突時の保護機能はウィングにはありませんが、別のTMAが現場に到着するまで、道路が閉鎖中であることを効果的に伝えます。 両ウィングを下げると、2車道分に相当する幅7メートルを閉鎖できます。

また、ScanLEDは別の電動シリンダーとコントローラーを使ってトレーラーの上部を傾けることにより橋の下やトンネルの中でも走行可能なのが特徴的です。

トラック搭載型アッテネータの詳細はScanLED のウェブサイトをご覧ください。

ScanLED
 

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。