トピック - Tech & trend

BUS通信可能なインテリジェント電動シリンダーソリューション

LINAK®電動シリンダーは幅広いBUS通信プロトコルに対応しているため、貴社の現在の制御システムでインテリジェントかつ信頼できる動きを簡単に実現することができます。

産業機械の制御システム構築においては、複数のソースから得た関連性の高いデータフィードバックを簡単な手順で利用できる集中型システムでなければなりません。

貴社の機械がCAN BUS / LIN BUS / Modbusのいずれを採用していても、LINAK® IC(ドライバー内蔵)シリンダーをすぐに動かすことができました。しかも、設定はとても簡単です。

下記はLINAK産業用電動シリンダーが対応している3種類のBUSプロトコルに関する情報です。関連のユーザーマニュアル及びインストールガイドをダウンロードしていただけます。

CAN BUSのロゴ

CAN SAE J1939はECU(Electronic Control Units) で一般的に使用されている通信手段で、すべてのメーカーに共通する言語を提供しています。 このプロトコルはスマートオートメーションに対応しているため、オフハイウェイ車両等に広く使用されております。 CAN BUS対応シリンダーが貴社装置にどんな利点をもたらすかをご覧ください。

CAN BUSに関する資料:
ソフトウェアバージョン1用CAN BUSユーザーマニュアル
ソフトウェアバージョン3用CAN BUSユーザーマニュアル

ご使用中のCAN BUSバージョンの確認は、こちら をご覧ください。

 
CANopenのロゴ

CANopenはCiA 301規格に依拠した通信プロトコルで、鉄道、農業、大型トラック・バス、船舶、オフハイウェイ、ファクトリーオートメーションなどの産業で使用されている主要ネットワーク・アーキテクチャです。
ソフトウェアバージョン1用CANopenユーザーマニュアル

 
LinBUSのロゴ

LIN BUSはCAN BUSを補足する経済的なプロトコルです。 全体的なパフォーマンスやネットワークの信頼性はCAN BUSに劣るものの、ノンクリティカル・コンポーネント(運転席のシートや窓の電動調節など)に好適です。

 
Modbusのロゴ

ModbusはPLCに接続されることが多いFAシステムでよく使用されているシリアル通信プロトコルです。 Modbusを使うことで、複数台の機器を容易に同一のネットワーク上に接続、集中制御することができます。 Modbus対応のシリンダーはインダストリアルオートメーションや追尾型太陽光パネルなどで使用できます。

Modbusに関する資料:

パラメータリストと説明

 

BusLink

自社製品に合わせてBUS対応シリンダーを設定する、無償のBusLinkソフトウェアをダウンロードする。

お使いのシリンダーの設定方法はこちらをご確認ください。 電動シリンダーやBUS通信プロトコルに関する詳細は、お近くのLINAKオフィスまでご連絡ください。

 
Move for the Future (未来に向けて) – ドライバー内蔵型電動アクチュエータ play-icon

Move for the Future (未来に向けて) – ドライバー内蔵型電動アクチュエータ

お使いの産業機械にPlug & Play™で接続する方法 play-icon

お使いの産業機械にPlug & Play™で接続する方法

IC/BUS通信で、電動シリンダーを監視システムにPlug & Playで接続 play-icon

IC/BUS通信で、電動シリンダーを監視システムにPlug & Playで接続

ファイル

Move for the Future(未来に向けて)

IC(ドライバー内蔵)電動アクチュエータについてお読みください。

TECHLINE 製品 - 概要(日本語)

頑丈でパワフルなTECHLINE製品シリーズの詳細はこちらでご確認ください。耐久性が高く、パワフルで、過酷な環境下でも高いパフォーマンスを実現し続けられるように設計されています。

BusLink ユーザーガイド

LINAKのICアクチュエータは、BusLinkソフトウェアを介して設定できます。このガイドでその方法をご紹介しています。

電動アクチュエータテクノロジーに関してご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたしますので、プロジェクトなどは、お気軽にご相談ください。