モノのインターネット(IoT)

IoTはさまざまな業界で近年注目されてきた現象です。医療分野では、これが医療アプローチをまったく変えてしまうでしょう。

医療・介護の4大課題

医療機器のパフォーマンスや患者の状況などの情報を賢く収集することにより作業を最適化し、ケアの質を向上させることができます。IoMT(医療や介護に関するモノのインターネット)は医療システムに革命を与えると予測されています。

新たな可能性
インターネットに接続したインテリジェントな医療機器は品質が高く効率的な、新たなケアの形を可能にしています。医療機器に取り付けられたセンサーが患者に関するさまざまなデータや情報を収集します。医療スタッフはこのようにして収集したデータに基づき治療や訪問日を計画することができます。また、必要に応じて何度でも患者の状態を確認することができ、それに基づきケアを提供できるため、作業効率とケアの品質を向上させるのにも役立ちます。

さらに、技術は医療スタッフ不足の問題の解消にも役立ち、医療コストを削減しても患者/高齢者へのケアに悪影響を出しません。品質はそのままに、より効率的なケアを実現することができます。最終的にはインテリジェントシステムにより、疾患の原因や因果関係が突き止められ、早い段階で治療することが可能になるはずです。

LINAKの貢献
LINAKは、医療機器のセンサーからバーチャルオンラインクラウドを介して患者情報を保存し、これを医療スタッフの携帯電話に送信するインテリジェントなケアシステムを開発しました。これにより、医療スタッフは患者の自宅への訪問を適切に計画し、適時最適なケアを提供することができるようになりました。たとえば、患者が夜のある時間にお漏らしをしてしまうことがベッドセンサーにより分かれば、適切な時間に患者をトイレに連れて行くことができます。 

医療機器に関する情報もサービスデータツールで確認することができます。医療機器の使用頻度や目的に関するデータを確認することで、部品摩耗度やエラーメッセージを把握することができます。

 

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。