医療・介護における補助技術により被介護者の尊厳と自立性を促す

尊厳と自立

多くの高齢者が身体的不自由や障害があっても自立し、尊厳を持って暮らしたいと考えています。このため、最新医療・介護機器に求められるデザインと機能が複雑になっています。自立した日常生活を助けるため、介護機器を購入する個人も増えています。

医療・介護の4大課題

最新の医療・介護機器は自宅で使用されるため、デザインは極めて重要です。ベッドが良い1例です。多くの人が病院ベッドの機能は望んでも、あの外観のベッドを自宅に置きたくないと考えています。

自宅で過ごす時間の長期化
世界的に高齢化が進んでおり、身体への負担がかかっています。自宅での日常生活を可能にする介護機器・介助機器を必要とする人が増えています。言うまでもなく、障害の有無にかかわらず、私達は誰もが自立し尊厳を持って暮らしたいと考えています。幸いなことに、現在では技術がそれを可能にしています。医療スタッフや家族の支援を必要とする方の日常生活を楽にする製品が次々に開発されています。

障害のある方の生活を支える介護・介助機器の多くは調節機能が必要で、多くのメーカーがこの調節機能にLINAK®アクチュエータシステムを選んでいます。寝たきりの人を背臥位から座位にするベッドや、立ち上がり補助用のアームチェアにもこのシステムが使われます。

デジタルテクノロジー
尊厳のある生活の維持に貢献するのは調節可能な家具だけではありません。IoT(モノのインターネット)などのオンラインデジタルテクノロジーも大きな役割を果たしています。現在、電化製品をインターネットに接続することで「スマートホーム」は現実の話になっており、多くの日常的な行動をリモコンや音声で操作できるようになりました。

技術開発はますます進んでおり、障害者の尊厳や自立の未来は明るいと言えるでしょう。未来の自立を促す1つの素晴らしい発明が自動運転車です。この素晴らしい発明により、さまざまな身体障害を持つ人でも他者の助けなしに移動できるようになるでしょう。

 

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。