問い合わせ
トピック - Tech & trend

LINAK Protect™ - 衛生管理による保護

医療・介護環境における衛生管理の重要性は、かつてないほど高まっています。また、感染を拡大させないため、表面に付着した細菌や微生物を除去することも極めて重要となりました。新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを契機として、細菌や微生物が病気や感染(抗生物質に耐性のある病原体に起因するものなど)の拡大に果たす役割に再び注目が集まっています。病院や介護施設ではこの傾向が顕著です。

洗浄が病院の感染症対策に役立ちます
 

戦いは続いています

抗生物質に耐性を持つ感染症は現在、最も懸念されている健康リスクの1つで、 今日においても、この脅威への対策が最優先の公衆衛生の課題です。新型コロナウイルスは対応に苦心する医療システムが直面する最初の問題でもなければ、最後の課題でもありません。私たちは、気持ちを新たにしてこの問題に取り組む必要があります。

 
2050 年までに、感染症で亡くなる患者数はガンで亡くなる患者数を超えるでしょう。
Statens Serum Insitute
 

準備はできていますか?

LINAK では洗浄可能な医療・介護機器向け電動アクチュエータシステム及びインタフェースを数多く提供しています。これらの製品は反復的な徹底洗浄に耐え、機械のパフォーマンスに悪影響を及ぼすことは一切ありません。感染症のない未来へのパワフルなコンビネーションです。

 

確信を持って清掃しましょう

頻繁に手洗いをしていても感染を防ぐのは容易なことではありません。これまで広く認められてきた洗浄プロセスではベッドフレームやコントローラーなどの表面から感染症が拡大するのを防ぐのには、十分ではないのです。一方、近年導入された自動洗浄プロセスを用いれば、病院設備を徹底的に洗浄し、消毒することは可能です。しかし、病院設備に頑丈かつ洗浄可能な部品が使用されていなければ、定期的に徹底した清掃・洗浄には耐えられません。

 

ご存知でしたか?
手洗いを実践する 5 つの瞬間

WHOは、院内感染の防止を目的として、医療従事者が手指衛生を行うべき5つのタイミングを定めています。

  1. 患者に触れる前
  2. 洗浄 / 消毒手順を実践する前
  3. 体液暴露リスクを受けた後
  4. 患者に触れた後
  5. 患者の周辺に触れた後

手洗いの実践に関する WHO ガイドラインについて詳しくは、こちらをご覧ください。

WHO は、医療従事者が手洗いを実践すべき重要なタイミングを 5 つ特定しています。
 
 

1990 年から感染症対策に取り組んできました

LINAK が、当時不十分であった保護等級(IP)を超えた「洗浄可能なコンポーネント」というコンセプトに取り組み始めたのは 30 年以上も前のことです。それから長い年月の間に、このコンセプトは業界基準となりました。そして 2017年秋、LINAK は、従来の基準より耐久性が 5 倍高い、DURA™ シリーズを販売開始し、 持続的な衛生基準をさらに引き上げました。

IP コードは「IP等級」(防塵・防水保護等級)として知られる国際規格です。これは、液体や埃の侵入に対する機械の保護強度を示す等級です。IEC/EN 60529 に明記されるこの基準は、国際電気標準会議が定め、世界中で認められています。水や固形物体が侵入しないような保護対策が製品に講じられているか否かが購入者がわかるよう、各種メーカーにはIP 等級の明記が求められています。

 
IPX4アイコン
拭き取り
あらゆる角度からの水しぶきから保護します。
IPX6アイコン
防水
あらゆる角度からの高圧水噴射から保護します。
IPX6 Washable のアイコン
機械洗浄可能
標準的な工業規格に従い試験済み
IPX6 Washable DURA™ のアイコン
機械洗浄可能(強化)
長い製品寿命を実現する反復洗浄への耐久性を確保するため、標準的な工業規格を超える条件で試験済み
 

 
 

HB80とACOの新しい保護層

antimicrobial protectionで衛生管理ソリューションを強化します。

当然のことながら、今日の医療環境における衛生管理を維持することはこれまで以上に重要であり、感染との戦いは続いています。当社は 25年以上にわたり、洗浄や消毒に何度も耐えられる製品を開発することで、より衛生的な感染防止のアプローチを可能にしてきました。拭き取りからウォッシュトンネルでの洗浄まで、汚染された表面からの微生物感染を最小限に抑えるソリューションの開発を続けていきます。将来の医療の課題に立ち向かう中、衛生面による保護は当社にとって継続的な取り組みです。

 

追加の保護層

新しい抗菌技術が実証され、利用可能になると、当社はそれを評価し、関連する製品を選んで組み込んでいます。今回追加されたのは抗菌添加剤で、既存の洗浄手順と組み合わせることで、表面を汚染するおそれのあるバクテリアにマイナスの影響を与えることができます。抗菌添加剤を配合したHB80ハンドコントローラーとACOアテンダントコントローラーを発売し、エンドユーザーが最も多く扱い、最もリスクの高い製品に保護層を追加することに力を注いでいます。

コントローラーHB80HB80コントローラー
アテンダント コントロール OpenBus(ACO)ACO アテンダントコントロール
 
 

累積効果

表面を清潔に保つのは簡単ではありません。触れること、手にすること、すべてがリスクとなります。これらの製品は、抗菌添加剤を配合することで、二次汚染を防ぐのではなく、手洗いや拭き取り、洗浄・消毒などの一般的な習慣と組み合わせて追加の保護層を加えることで、感染症の発生を抑制することができます。あらゆるタッチポイントでリスクを最小化し、保護を強化するための累積的なプロセスの一部としてご検討ください。

 

仕組み

LINAK は信頼のおける抗菌添加剤をペンダントの製造に採用することで、接触する表面からの交差汚染(二次汚染)の可能性を大幅に低減しています。製造プロセス中に導入される抗菌添加剤は、さまざまな作用様式によって、あらゆる汚染微生物にマイナスの効果を与えて、微生物を低減させます。

 

衛生問題はすべての人の関心事になっています

北欧の病院では、ベッドやリフトを消毒するために自動洗浄を行うウォッシュトンネルの需要が高まっています。費用削減や清潔さの徹底に貢献するウォッシュトンネルのメリットが広く知れ渡るようになるのは時間の問題でしょう。メーカーがベッドやリフトソリューションで使用しているコンポーネントでも、このトレンドは始まっており、 これらのコンポーネントもウォッシュトンネルによる徹底した反復洗浄に耐えられなければなりません。

 

将来を見据えたソリューション

LINAK Washable や DURA™ のコンポーネントを採用することにより、メーカーはウォッシュトンネル対応のベッドやリフトソリューションを提供することができます。また、お客様が清掃プログラムを強化しようとした場合でも、非洗浄対応部品を交換する費用がかからず経済的です。

 

ファイル

MEDLINE & CARELINE 製品カタログ - 概要

貴社の医療・介護機器に貢献するイノベーティブなMEDLINE & CARELINE製品シリーズを是非ご覧ください。

病院・介護ベッドへの電動アクチュエータ活用

被介護者の自立を促すには、まずは、ベッドから見直す必要があります。LINAKは病院・介護ベッドに最適な幅広い製品を提供しています。

LINAK IPX6 Washable DURA™ パンフレット

今日の医療・介護機器には耐洗浄性が求められています。LINAK IPX6 Washable DURA™で医療・介護機器の衛生面を次のレベルへ押し上げます。

安全性フォルダ

機器により必要な安全機能は異なります。どのような製品にも対応できるようLINAKは幅広い標準およびオプションの安全機能を提供しています。

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。