トピック - Tech & trend

ケーブルマネジメント – デザイン、設置、お手入れ面での改良

手術用椅子、X線撮影装置、その他の高度医療・介護機器など、機器を問わず、貴社のソリューションが数多くの便益を得る上で大前提となるのが、よく考えられたケーブルマネジメント(ケーブル管理)です。

LINAK® LC 電動昇降装置のケーブルマネジメントは、慎重に検討を重ねた上で設計されています。 ケーブルマネジメントにより、装置の取り付けと設置が非常に簡単になるだけでなく、 ケーブルを昇降装置内に通すことができるため、機器のお手入れにかかる時間も短縮されます。 実際、ケーブルを隠すことで多くの病院や治療現場で重要となるバクテリア検出レベルを低減させます。 また、貴社製品のエレガントなデザイン性を大幅に向上させます。

2段式と3段式の両バージョンにおいて、外から見えるLC3 のケーブルは、他の製品や電源への接続に必要な部分のみとなっています。 それどころか、ケーブルマネジメントがシステムの柔軟性を損なわせたり、設計上の選択肢を狭めることも一切ありません。

ケーブル2本まで昇降装置内に通すことができるほか、各種機器デザインに合わせて選べるよう、トッププレートとボトムプレートのデザインが異なるバージョンを複数ご用意しています。 事実、LC3のケーブルオプションは電源ケーブル、コントローラーケーブル、モーターケーブル、アースコードなどを含めると、30以上の組み合わせが可能です。

素早く取り付けやすいLC3はエレガントなデザインで、お手入れも簡単です!

電動アクチュエータテクノロジーに関してご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたしますので、プロジェクトなどは、お気軽にご相談ください。