トピック - Tech & trend

貴社の医療・介護機器に最適なコントロールボックスを選びましょう

医療・介護機器用アクチュエータ システムに最適なLINAKのコントロールボックスは、幅広いオプション、取り付けの簡単さ、その特徴的な外観からどの製品も医療品業界で高く支持されています。 しかし、貴社製品に最適なコントロールボックスは、どのように選ぶことができるでしょうか?

貴社製品でお使いのシステムに最適なコントロールボックスをお選びいただく際に是非お使いください:

LINAK®コントロールボックスセレクター

 

2チャンネル

4チャンネル

5チャンネル


 

アナログ
プログラマブル非対応

コントロールボックスCA30

120 W

コントロールボックスCA40

120 W

 

アナログ/デジタル

CA63

200 W

 

デジタル
プログラマブル

コントロールボックス CO61

200 W

 
CO65

280 W

コントロールボックス CO53

190 W

 
CO71

350 W

 

 

6~12チャンネルを必要とするシステムでは、ポートジャクソンボックス PJ2 とLINAK® CO-Link™をおすすめしています。

 

必要なチャンネル数を確保
LINAKの医療・介護機器向けコントロールボックスは簡単に特定することができます。 形状やサイズが同じである上、ケーブルマネジメントや保護等級IPX6 Washable DURA™ など、付加価値のあるオプションもお選びいただけます。

ほとんどの調節可能な医療・介護機器は通常、2~5チャンネルあり、 アクチュエータやコントローラー、または必要な電力容量の選択やデータ表示、その他付加価値のある機能をつけることを可能にしています。 使いたいアクチュエータ数や機能をとりまとめ、合計で必要な電力容量を計算の上、それを実現することができるコントロールボックスを選択しましょう。場合によっては、複数のコントロールボックスを取り付ける必要があるかもしれません。

注意事項: より多くのチャンネル数を必要とする場合、ポートジャンクションボックス PJ2 とLINAK CO-Link™の数を2倍にして使うことができます。

スムーズで最適なパフォーマンスに必要な電力容量を確保
「One World – One Box」 対象のコントロールボックスの電力容量は120 W~350 Wです。これらはスイッチング電源(SMPS)を採用し、電力変換効率が高いため、負荷に関わらずスムーズで制御された動きを実現します。

注意事項: より大きな電力容量を必要とする場合、LINAK CO-Link™を使って電源出力を2倍にすることができます。

OpenBus™オプションを使う
アナログとOpenBus™(プログラマブル)システムの違いは、内蔵されている安全 機能の数です。 LINAK OpenBus™(プログラマブル)では、より多くの安全機能が内蔵されているほか、さまざまな付加価値のある機能をお使いいただけます。 法律やその他の基準で義務付けられている場合がある他、デジタルシステムの構成によっては、OpenBus™の導入を検討する価値があるでしょう。

効率性と快適性を向上させる付加価値のある各種機能
医療従事者の作業効率や職場環境の人間工学を向上させたり、患者が感じる快適さを改善したりする機能により、コントロールボックスの選択が異なります。 LINAKではこれらを付加価値のある機能と呼んでいます。 たとえば、ワイヤレスコントローラーや暗闇で足元を照らす「Under Bed Light」や高度計量システムなどです。

LINAKコントロールボックスセレクターやアクチュエータ システム一般についてご質問がある場合は、お近くのLINAKオフィスまでご連絡ください。

 

LINAKでは、「One World – One Box」コンセプトを採用しています。 そのため、機能や仕様に関わらず、LINAK製品を組み合わせて、貴社製品ラインナップにも必要なシステムを作ることができます。 コントロールボックスセレクターをお使いいただくことで、貴社システムに最適なコントロールボックスを素早く見つけることができます。

電動アクチュエータテクノロジーに関してご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたしますので、プロジェクトなどは、お気軽にご相談ください。