トピック - Tech & trend

トレンドシリーズ:ミクロアパート

近年、ライフスタイルやインテリアの専門誌では、コンパクトリビング、スモールスペースホーム、ミクロアパートなどのコンセプトが頻繁に特集されています。「ジェネレーションY」が始めたトレンドは、世界有数の大都市で住まいのあり方を完全に変えてしまいました。

近年、世界の大都市人口は着実に増加し続けており、住宅需要が供給を大幅に上回り、住宅市場が逼迫し、スペースを共有する人の数も増加しています。ここから、ミクロアパート、コンパクトリビング、スモールスペースホームなどのトレンドが生まれ、各地に広がっています。

スモールホームのトレンドは、元々、広さを犠牲にしても、より良いロケーションに、より安く住みたいと考えるジェネレーションY(1980~2000年生まれの世代)から生まれました。コンパクトリビングのコンセプトは、ニューヨーク、香港、上海、東京、ロンドン、ベルリンなどの大都市で特に人気です。

ミクロアパートとは
ミクロアパートとは、リビングルーム、寝室、ダイニングエリアが1つのスペースで賄われ、キッチンとバスルームがついているワンルームアパートを指します。通常、広さは14~32平米しかありません。つまり、ここに置かれる家具はフレキシブルに、多機能で活躍することが求められます。そのため、これらのアパートでは、高さが調節できるテーブルやベッドキャビネット、隠し家具などが備えられています。

LINAKは、家具を始めとするさまざまな機器で高さや角度などを電動で調節する小型電動アクチュエータを提供しています。電動アクチュエータを組み込んだ家具は、実に多目的に使うことができます。手動ではなく、これらすべての動作を電動アクチュエータに任せることで、よりスムーズかつより安全に調節できるようになり、ユーザーにとってより使い勝手がよく、人間工学に優れた空間を実現できます。

デザイナー:トレンドセッター
既に、一部の先進的なデザイナーは、ミクロアパート用家具にLINAKの電動アクチュエータを採用し始めています。Asante Architectsが設計したベッドキャビネットの例をご紹介します。ボタン1つで、棚にすっきりと隠すことができます。また、YO! Homeが手がけたダイニングテーブルもご覧ください。床に収納することができます。

ここでは、ミクロアパートのコンセプトを説明するために、3つの実例を紹介しています。これらのアパートには、さまざまなスマートソリューションが導入されています。例えば、収納や多機能な家具が選択されており、自宅での日常作業をすべて行うことができるようになっています。さらに、これらの収納や家具に電動アクチュエータを組み込めば、さらにどれほどのスマート機能を追加することができるかを想像してみてください。

トレンドシリーズ:ミクロアパート - ニューヨーク

LifeEdited2 – 32平米、ニューヨーク

10人がゆったりと座れるダイニングテーブルと4名が泊まれるベッドが備えられたミニマリストのコンパクトアパート。 
続きを表示
 
 
トレンドシリーズ:ミクロアパート - 香港

Sim-Plex – 30平米、香港

アートとピアノがある4人ゲスト用アパート
続きを表示
 
 
トレンドシリーズ:ミクロアパート - ロンドン

Studiomama – 13平米、ロンドン

隠しベッドやその他のスマートソリューションが満載のミクロテラスハウス。 
続きを表示
 

ファイル

HOMELINE 製品カタログ - 概要

LINAKでは、ボックススプリングベッドとスラットベッドの両方で使える動作音が静かな小型TWINDRIVEシステムを幅広く提供しています。是非ご覧ください。

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。