コントローラーDPG1C

全く新しい直感的に操作できる昇降デスクを使おう

- コントローラーDPG1C

デスクには直感的に操作できるようにデザインされたコントローラーが付いており、就業中に体を動かせるようユーザーをサポートします。 デスクの高さの調節方法、よく使う高さの保存方法、リマインダー機能の設定方法、デスクとDesk Control™アプリのペアリング方法とデスク活用履歴のチェック方法をご覧いただけます。 さあ、始めましょう!

基本機能

 

リマインダー機能

 

アプリに接続する

 

リセット

 
 

デスクの高さを調節する

コントローラーに手を伸ばし、優しく触れるだけで、簡単にデスクを昇降させることができます。 お気に入りの高さに到達するまでコントローラーを押し続けます。 操作はそれだけです!

お気に入りの高さを保存している場合、コントローラーを1秒ほど押すだけで、デスクが動き出し、記憶した高さまで到達すると自動的に停止します。 コントローラーを長押しすると、デスクはコントローラーを離すまで動き続けます。

 
 

正しいデスクの高さを設定する

画面が正しいデスクの高さを表示しない場合にこれを正したり、表示単位(インチ/センチ)を切り替えたりすることができます。 その方法はビデオをご覧ください。

 
 

よく使う高さを保存する

4つの異なる高さを保存できます。 そのため、座位でも立位でも、ユーザーに最適な高さにデスクを保つことができ、人間工学の最適化も実現します。

デスクの高さを保存するには、まず、記憶させたい高さまでデスクを動かします。 デスクの高さが決まったら、コントローラーの端をご覧ください。 右側に☆(星マーク)ボタンがあります。 このボタンを2秒間長押します。 保存中、LEDが2回点滅します。 LEDが点滅を止めて白く光り続けると高さが保存された合図です。この状態になったら、ボタンを離すことができます。

コントローラーの画面に星と数字が表示されているはずです。これは、保存した高さの場所(番号)を表しています(例:☆1)。

 
 

同じ手順を繰り返して、他の高さを記憶させる

お気に入りの高さの順番を選択することができます。 デスクをお気に入りの高さに調節したら、☆(星マーク)ボタンを押し、保存した高さの間で切り替えます。 希望の番号が表示されたら(例:☆3)、2秒間ボタンを長押しします。 これで、現在のデスクの高さが☆3としてメモリーに保存されました。

 
 

お気に入りの高さをリセットする

保存した高さをリセットするには☆(星マーク)ボタンを8秒間長押しします。 コントローラーの端にあるライトストリップが赤く点滅したらリセットが完了した合図です。 最初から新しい高さを保存できます。

 
 

高さメモリーポジション機能を活用する

1つまたは2つのお気に入りの高さを保存したら、これらの高さにデスクを昇降させることは本当に簡単です。 コントローラーを押して傾け、デスクが保存した高さに到達するまで押し(傾け)続けます。

これにより、コントローラーを全く見ずに立位または座位にスムーズに移行することができます。

 
 

ワンタッチ運転を活用する(オプション機能)

フルバージョンのコントローラーをお使いの場合、よく使う高さにデスクを自動的に昇降させることができます(ワンタッチ運転)。 お使いのデスクをDesk Controlアプリと接続するとこちらの機能をご利用になれます。

コントローラーを上向きまたは下向きに2回タップするだけで、保存した高さのうち最も近い高さまでデスクが動きます。  お気に入りの高さに到達する前に操作を中止または動きを停止したい場合は、コントローラーを1回傾けるか、タップするだけで、デスクは瞬時に止まります。

コントローラーを2回タップすると、保存した高さにデスクが自動的に動きます。

 

体を動かしていきましょう 立位のタイミングを知らせるリマインダーを受け取る

立位のタイミングをお知らせするリマインダーを受け取り、1日中健康的にお過ごしになりたいですか? コントローラーにはリマインダー機能が付いており、立位になるタイミングが来るとライトストリップがお知らせします。

コントローラー DPG
コントローラー DPG
 
  • 緑色のライト: いい調子です。今はまだ体を動かす必要はありません!
  • オレンジ色のライト: デスクを上げてください。立位になる時間が来ました!
  • ユーザーが立位になると、オレンジ色のライトが緑色に戻ります。
 

リマインダーの時間間隔はユーザーが決定できます

立位のタイミングを知らせるリマインダーの受取り頻度や時間間隔を選択してください。 時間間隔オプションからお選びいただくことも、 ご自由に設定することもできます。 LINAKがおすすめするのは、1時間毎に5分間の立位から始め、 慣れてきたら10~15分に時間を伸ばすことです。

ご注意: 立位時間が長すぎるのも体によくありません。 立位と座位を適度に切り替えることが最も健康的です。

 

リマインダーの設定方法

リマインダーを設定するのはとても簡単です。 コントローラーの左端にはベルボタンがあります。
これを押して、3つの時間間隔の中からお好きなものをお選びください。

  • 時間間隔1(白いブロック1つ): 「55分間座り続けるとリマインダー作動」
  • 時間間隔2(白いブロック2つ): 「50分間座り続けるとリマインダー作動」
  • 時間間隔3(白いブロック3つ): 「45分間座り続けるとリマインダー作動」

デフォルトでは、コントローラーは「時間間隔1」に設定されています。 白いブロックが1つも点灯していない場合、リマインダーがオフになっています。

 
 

Desk Controlアプリとのペアリング

時間間隔をユーザー自身で決定したい場合は、Desk Control™アプリ をお使いのスマートフォンにダウンロードしてください。

 

接続方法

Bluetooth®ボタンを2秒間長押しするとペアリングモードがオンになります。 青いライトが点滅します。 コントローラーのディスプレイには、デスクのBluetooth®ID(DESK+4桁番号)が表示されます。 Desk Controlアプリを開き、「近くのデスクを検出」画面で該当のDESK IDを探してください。

 
 

Desk Controlアプリ(無料)をダウンロードする

Apple Store Google Play

 

コントローラーをリセットする

コントローラーをリセットするには、3つの方法があります。

  1. 高さメモリーポジションをリセットする
    赤いLEDが点滅するまで☆(星マーク)ボタンを8秒間長押しします。
  2. リマインダーをリセットする
    ベルボタンを8秒間長押しします。赤いLEDが点滅したら、リセット完了です。
  3. 工場設定をリセットする
    赤いLEDが点滅するまで☆(星マーク)ボタンとベルボタンを同時に8秒間長押しします。

 

昇降デスクを活用する準備はできていますか?

昇降デスクを使えば、仕事をしながら運動することができます。 昇降デスクを使い始めるユーザーのために、モチベーションを高めるヒントと事実をいくつかご紹介します。 姿勢を変えることで幸福感を高めることができ、一日中よりエネルギッシュな状態を保つことができます。

詳細は青いボックスをクリックしてください。

DPG - デスクの初期化(イニシャライズ)方法と昇降デスク操作方法 play-icon

コントローラーDPG1C - デスクの初期化(イニシャライズ)方法と昇降デスク操作方法

アプリとのペアリング方法: play-icon

DPG1C - アプリとのペアリング方法:

DPG – お気に入りの高さ設定方法(4メモリーポジション)・お気に入りの高さリセット方法: play-icon

DPG1C – お気に入りの高さ設定方法(4メモリーポジション)・お気に入りの高さリセット方法:

DPG – お気に入りの高さ(メモリーポジション)使い方 play-icon

DPG1C – お気に入りの高さ(メモリーポジション)/ワンタッチ運転の使い方

DPG – ライトでのリマインダー設定方法: play-icon

DPG1C – ライトでのリマインダー設定方法:

DPG – リセットの種類: play-icon

DPG1c – リセット方法:

DPG - 現在のデスク高さ設定方法 play-icon

DPG1C - 現在のデスク高さ設定方法inch/cm設定方法:

ファイル

DPG コントローラー・Desk Control アプリ ユーザーマニュアル (日本語)

このユーザーマニュアルでは、LINAK DESKLINE®製品の取り付け、使用、メンテナンス方法について説明します。

コントローラー DPG:オフィスデスクを画期的な方法で調節

直感的に使えるこのコントローラー シリーズは、動きを生活の中に取り入れ、傾けるだけで昇降できるように設計されています。 Advancedモデルでは、立位・座位のタイミングを目で確認できるリマインダー、高さメモリー、Bluetooth®などの便利な機能がご利用いただけます。

仕事中にも動きを取り入れよう~MOVE~:昇降デスクでパフォーマンスが上がる理由

電動昇降デスクで、社員の病欠日数を減らし、モダンなオフィス環境を作りましょう。 経営者と従業員の双方に有意義な投資です。

電動アクチュエータテクノロジーに関してご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたしますので、プロジェクトなどは、お気軽にご相談ください。