ニュース 2020年10月15日

新しいLINcastポッドキャスト: 人間工学の観点で在宅勤務の課題とチャンスを見いだす

New Normalなワークスタイルで、多くの人にとって、仕事の場はオフィスデスクから自宅のダイニングテーブルへと移行しました。 また、世界の状況から職場への通勤が再開されても、在宅勤務(テレワーク)は一定の形で継続されるとみられます。 テキサスA&M大学人間工学センターのマーク・ベンデン博士とマーサ・パーカー研究員が、現在と今後の在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)の課題を乗り越えるための多くのヒントとコツを提案します。

今年初めに、多くの人が、オフィスのパーテションから食卓へと仕事の場を移し、子供やパートナー、ペット、ルームメートがいわば「オフィスの同僚」になった時、人間工学の視点は置き去りにされていました。 テーブルやアイロン台など、間に合わせの机をしつらえ時点で、在宅勤務は数週と思われており、半永久的に継続されるとは考えられていませんでした。

在宅勤務(テレワーク)はこれからも継続されるでしょう。 誰もが抱く1つの重要な問いは、「在宅勤務(テレワーク)でオフィスと同じ生産性を達成できるだろうか?」です。 これは従業員にとっても、雇用主である会社にとっても同じです。

この2部構成のポッドキャストでは、テキサスA&M大学学部長で准教授兼人間工学センター長のベンデン博士およびどうセンターのプロジェクトマネージャーで人間工学者のマーサ・パーカー研究員が、オフィスワーカーの在宅勤務への切替に注目した一連の研究から、いくつかの独自の新しい知見 を紹介しています。 極めて大規模なソフトウェア・データを取り入れた初の研究で、長期にわたり40,000人以上のオフィスワーカーの120のタイプの指標をモニターする調査が行われました。 さらに、在宅勤務(テレワーク)時の環境で、人間工学の側面を改善するためにできる対策も扱っています。

「業務をしているあなたの体は、スポーツ選手にたとえることができます。」と話すのは、ベンデン博士です。「パフォーマンスをピークに高めるには、これまでのオフィス勤務と同様の設備やツールを必要とします。 移動するたびにツールを取り替えたり、必要な設備をなしで済ませられるとは誰も思わないでしょう。 これはワークスペースについても同じです。 パフォーマンスのレベルを保つには、設備の移行もシームレスに行うことが必要なのです。」

在宅勤務(テレワーク)でも、生産性を高め、ベストのパフォーマンスを達成すると同時に、体の健康を守り、安全上のリスクを削減するためのコツやヒント があります。

最新のLINcastポッドキャストでは、ゲストから、人間工学の側面と健康を、どのように管理できるかをご紹介しています。

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。