ニュース 2020年1月24日

モバイル医療・介護機器の可能性を広げる

LINAK®の新製品ポートジャンクションボックスPJB4を取付けると、パワフルなリチウムイオンバッテリー3個(3x 2.25 Ah)で医療機器に組み込んだ電動アクチュエータ システムを動かすことができます。

より多くの病院が、手術台や手術椅子などの医療機器を床のケーブルと接続するのではなく、バッテリー駆動に切り替えています。 ケーブルにつまずくリスクを下げ、機器を自由に移動させることができるためです。 機器の機能を余すところなく使い、十分なバッテリー容量を確保するため、LINAK®は新しいポートジャンクションボックス 「PJB4」を発売しました。

可動式機器をしっかりと給電
PJB4を取付けることにより、大容量のリチウムイオンバッテリーBA213本でパワフルな給電を可能にします。 3x 2.25 Ahのリチウムイオンバッテリーでは、夜間充電するまで、医療・介護機器を丸一日使うことができます。

現在の電動アクチュエータシステムにピッタリ
PJB4は、現在お使いのLINAK®電動アクチュエータシステムに簡単に組み合わせることができます。 これは、PJB4がLINAKのなめらかなデザインを踏襲しているだけではなく、共通の取付けブラケットを使用しているためです。 ケーブルマネジメントも簡単で、設置にも手間が要りません。

各種基準や認証に準拠
PJB4は医療・介護業界で必要とされるすべての認証を取得し、基準に準拠(またはこれらを上回る性能を実現)しています。 最新の高度医療機器向け電動アクチュエータシステムの多くがIPX6 Washable DURA™基準を満たしているように、LINAKの新製品ジャンクションボックスもこれらと同じ基準を満たしています。

PJB4やその他のLINAK®製品で可能なオプションに関する詳細は、お近くのLINAKオフィスまでご連絡ください。 

 

ご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたします。新規開発案件などは、お気軽にご相談ください。