ニュース 2019年11月11日

CAN bus 電動シリンダーがさらにスマートになりました!

オフロード車両メーカーと何年も協業してきた経験をもとに、LINAKは、最新のCAN busソフトウェアをリリースしました。このソフトウェアで電動シリンダーのさらにスマートな動作が可能になります。

LINAKは電動シリンダーの限界を常に押し広げてきました。現在、電動シリンダーは油圧シリンダーよりずっと高性能になっています。 LINAK CAN bus 電動シリンダーの新機能をご紹介します。

 
新機能
説明
 
ハードウェアのアドレス指定
ピンの設定を変えるだけでユニークCANアドレスを7つまで生成できます。 そのため、取り付けや交換が簡単になるだけではなく、1台の電動シリンダーを複数の目的で使用することも可能です。
 

ダイナミックな速度調節
電動シリンダーの動作速度を変え、CAN BUSネットワーク上で直接速度を読み取ることができます。
 

ソフトスタートとソフトストップ
ソフトスタートとソフトストップ時間をCANコマンドで直接設定できます。 お使いの機械にかかるストレスを軽減し、よりスムーズな動作を実現するランプタイムを設定できます。
 

適合種類拡大
データ伝送速度がこれまでの250 kbpsに加え、125 kbps、500 kbps、Autobaudにも対応可能となり、幅広い機械でお使いいただけるようになりました。
 

リカバリーモード
リカバリーランモードにより、単純なエラーからリカバリー(復元)することができます。 これにより、予想外のエラーが起きても、オペレーターは作業を続けることができます。 リカバリーランが正常に終了すれば、別途サポートや修理を依頼する必要はありません。
 
 
CAN busのロゴ

CAN bus ソフトウェア最新版の技術的側面についてもっとお知りになりたいですか?

詳細はこちら

 

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。