ニュース 2019年10月31日

HC40: これまでにない優れたユーザーエクスペリエンスで足元を優しく照らします

HC40 Advancedバージョンに内蔵されたシェイクトーチ機能は、コントローラーをさらに使いやすくした照明機能の1つに過ぎません。 ボタンのバックライトや画面のライトなど、これまで照明機能をつけることなど考えもしなかった箇所を明るく見やすくしたことは、HC40シリーズを飛躍的に使いやすくする重要かつ不可欠な鍵となりました。

スマートフォンの誕生により、私達の生活はがらりと変化しました。 単機能デバイスから多機能デバイスへ。私達がツールに求めるものは急激に変わりました。 自宅の照明やテレビなどのエンターテイメント機器を点けたり消したりするコントローラーから、私達の市場では昇降ベッド向けコントローラーの多機能化まで、この変化は生活のあらゆる場面に及んでいます。

LINAKで実施した広範囲に及ぶ調査により、ユーザーはコントローラーが“適切な”機能を備えていることを希望していることがわかっています。 この最適バランスを実現したのが、HC40 FRAME™ Advanced 、そしてHC40 TWIST™ Advancedです。

操作は簡単 - コントローラーを振るだけ!
たとえばトーチ機能のあるコントローラーは、通常、コントローラー上のボタンで操作します。 そのボタンすらなくしてしまうことができたらどうだろう? さらにクリーンなデザインで、さらに使いやすく することができたらどうだろう? この質問に答えるよう開発されたのがシェイクトーチ機能で、現在、コントローラー HC40 Advancedバージョンでご利用頂けます。

 

その他ライト機能の詳細は、LINAKのウェブサイトの専用ページをご覧ください。

コントローラー HC40シリーズに関する詳細は www.linak.com/hc40 でご確認ください。

電動アクチュエータテクノロジーに関してご質問がありますか?

- LINAKのチームが技術に関するご説明をいたしますので、プロジェクトなどは、お気軽にご相談ください。