ニュース 2019年8月20日

PCB、ケーブル、クラッチが産業用電動シリンダーになぜ重要か

農業用および産業機械に組み込まれる多くのLINAK®電動シリンダーには、ドライバー内蔵(IC)オプションがついており、プリント基板(PCB)を内蔵し、各種BUSプロトコルに対応しています。Actuator Academy™では、適切な回路基板がもたらす違い、クラッチがどのように機械を保護しているのか、さらには適切なケーブルやプラグがどのように電動シリンダーの性能を高めるかを学ぶことが出来ます。

ドライバー内蔵(IC)の最新型電動シリンダーには、位置フィードバックやソフトスタート/ストップ、過熱防止機能など、さまざまな機能がついています。LINAKの産業用シリンダーにはドライバー内蔵(IC)オプションがあり、プリント基板(PCB)を内蔵させ、各種BUSプロトコルに対応しています。そのため、電動シリンダーは外部の制御システムと通信し、正確な位置フィードバックなどを送受信することができます。

負荷に著しいばらつきがある重機械では、クラッチ機能が極めて重要となります。特に、PCBやその他の電子機器を内蔵していない電動シリンダーであれば、その重要性はさらに増します。さらに、適切なケーブルやプラグを選択することは、機器の最適なパフォーマンスに欠かせず、ひいては電動シリンダーを保護することにつながります。

LINAKのエキスパートであるハンターが、産業機械向け高性能電動シリンダーのPCB、クラッチ、ケーブル、プラグに関する重要点を説明します。

PCB – 電動シリンダーの中枢
産業用電動シリンダーに実装されたプリント基板(PCB)やドライバー内蔵(IC)の各種機能についてご説明します。

クラッチ –  モーターとギアを守る
高耐久型産業用電動シリンダーに取り付けられたクラッチは、過負荷の状況で産業機械と電動シリンダーを守る働きがあります。詳細は下記ビデオをご覧ください。

ケーブルとプラグ – 電源とデータ
このビデオでは、電源コードと信号ケーブルの違い、電動シリンダーの用途に応じた適切なケーブル/コネクタの選び方について説明します。

 

LINAK Actuator Academy™

Actuator Academy™ では、電動シ リンダーのテクノロジーに関するさまざまなビデオをご覧いただけます。電動シリンダーの活用方法や、そのテクノロジーに関する疑問点の答えがここにあります。

 

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。