Weighing Solution:医療・介護ベッド向け患者計量システム
ニュース 2019年6月4日

LINAKが医療・介護ベッドに最適な最新計量ソリューションを発売

病院や介護現場のために開発された計量システムです。Quad Load Cell Interface 2(QLCI2)とディスプレイユニットである「ディスプレイ付きコントローラー HB100」または「タッチスクリーン Attendant Control Touch(ACT)」で構成されています。

LINAK Weighing Solutionは病院または介護機器に最適な計量装置で、病院ベッドに取り付け・接続することができます。

Weighing Solutionを使うことで、介護者は患者をベッドから出さずにそのまま体重の増減を記録することができ、作業の効率化ができるだけではなく、患者への負担も軽減することができます。

LINAK®医療・介護機器向けWeighing Solutionには、Quad Load Cell Interface 2(QLCI2)とディスプレイユニット、「ディスプレイ付きコントローラー HB100」または「多機能タッチスクリーン Attendant Control Touch(ACT)」で構成されています。 

HB100
ディスプレイ付きコントローラー HB100には体重を表示するディスプレイと離床センサー(OOB)がついています。また、2.4インチのカラーディスプレイが付いていて、直感的に使えるメニューシステムになっています。

ACT
Attendant Control Touchは体重を表示するディスプレイをはじめ、さまざまな機能が使えるタッチスクリーンです。ACTは、9.5インチのタッチスクリーンでアクチュエータの操作ができることに加え、インテリジェント機能が付いています。

QLCI2
Quad Load Cell Interface 2 (QLCI2)はシステムの中枢となる部分で、4個のロードセルに接続し、そこから収集した情報をディスプレイユニットに送信します。QLCI2には患者が離床した時にナースに知らせるGatewayオプションが付いています。

 

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。