ニュース 2019年3月26日

半自動除草ロボットPhoenixが農業の未来を示す

ドイツ・シュトゥットガルトにあるホーエンハイム大学の大学院生チームが園芸機器の未来を変える可能性がある軽量の屋外用ロボットを設計・開発しました。

従来、農作業で電動の機械が使用されることはそれほど多くありませんでした。しかし、そのような状況は変わろうとしています。ヨーロッパを主として、いくつかの科学プロジェクトで機械の小型化、さらなる自動化、そして電動化のメリットが探られています。

ドイツのホーエンハイム大学の農業工学研究所の大学院生チームはそのすべての実現に挑戦していました。そうして彼らは、小型で静音かつパワフルな移動式除草ロボットPhoenixにたどり着いたのです。Phoenixは雑草を正確に刈り取り、繊細な作物の条間の土を注意深く耕します。

LINAK®  電動シリンダーでホーを調節
他の多くの農業用ロボット開発プロジェクトとは異なり、Phoenixは全自動ではありません。除草プロセスそのものは自動です。しかし、地面の上で通り道を探すためには人間による操作が必要です。操作は感度の高いジョイスティックを使用して遠隔操作で行います。人間は立っていても、どこかに座っていても構いません。

半自動除草ロボットPhoenixが農業の未来を示す

LINAK GmbHは最近、Phoenixの開発に携わった工学修士のDavid Reiser氏にインタビューしました。

インタビューの場でReiser氏は、チームがプロジェクトにドライバー内蔵型(IC)LINAK電動シリンダーを選んだ理由だけでなく、Phoenixが現代の農業が直面する課題をどのように解決したかや、本体の形状や機能について説明してくれました。

 

LINAKがどのように農業のオートメーション化をサポートできるか、またはPhoenixの詳細は、最寄りのLINAKオフィスにお問い合わせいただくか、David Reiser氏のインタビュー全文をご覧ください。「注目商品 - LINAK®のテクノロジーを搭載したPhoenixロボット」

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。