ニュース 2019年1月8日

ACTを使うことにより、病院ベッドで複数のインテリジェント機能をお使いいただけるようになります。

LINAK®のタッチパネルコントローラー“ACT”は、病院ベッドのインテリジェント機能を操作するのに完璧なツールです。

コントローラー1台で病院ベッドに備えられた全機能を操作できるため、これまで以上にベッドの使い勝手が良くなります。タッチパネルコントローラーACT(アテンダント コントロール タッチ)は背もたれやレッグサポートを調節するだけではありません。基本機能操作モード、インテリジェント機能のアドバンスモード、設定を行うサービスモードまで、3レベルにアクセスすることができます。 

インテリジェント機能には、スケール、自動照明機能付きOOB(離床センサー)、WET (尿漏れセンサー)、BSR(ベッドサイドレール)センサーなどがあります。適切なモジュール式ジャンクションボックスを介して接続することで、多機能の病院ベッドをタッチパネル上で操作できます。

正確なスケール機能を追加する
LINAK®スケールQLCI2は正確に患者の体重を測定するだけではありません。OOB(離床センサー)機能も付いています。この使いやすい新スケールは、ロードセルとmicro fit プラグケーブルで接続するので、設置と操作がとても簡単です。

モジュール式ジャンクションボックスが実現するインテリジェント機能
モジュール式ジャンクションボックスMJB8は、病院ベッドに付加価値をもたらす真のインテリジェントツールです。MJB8はOOB(離床センサー)、WET(尿漏れセンサー)、BSR(ベッドサイドレール)、照明コントローラー、リレーゲートウェイなどの各種機能から信号を受信します。もちろん、これらの機能は全て、ACTインターフェースからもアクセスできます。

設置が簡単なオールインワンを実現
ACT、MJB8、QLCI2を導入することで、スケール、OOB(離床センサー)、BSR(ベッドサイドレール)、WET(尿漏れセンサー)などの機能と電動アクチュエータをまとめて1つのコントローラーから操作できるようになります。 

さらに、LINAK®の医療機器用電動アクチュエータシステムは、OpenBus™プラットフォームデザインで、製品への組み込みが簡単です。 
最新のACT、MJB8、QLCI2が病院ベッドにどのような価値を付加するかについては、お近くのLINAKオフィスまでご連絡ください。  

 

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。