ニュース 2018年12月18日

LINAK®ポートジャンクションボックスPJ2をCOボックスシリーズと合わせてお使いいただくことにより、出力ポートを2つ追加可能に

新製品のポートジャンクションボックスPJ2をお使いいただくことにより、LINAK®コントロールボックスに、さらにチャンネルを追加することができます。

新製品のポートジャンクションボックスPJ2の登場により、LINAKコントロールボックスシステムに、さらにチャンネルを追加することができるようになりました。 
 
コントロールボックスはLINAK電動アクチュエータの頭脳に当たる箇所で、カスタマイズしたソフトウェアを組み込むことで、病院ベッド手術台X線撮影装置などの医療機器で、他では実現しえない高度な動作を可能にしています。PJ2 もご使用になることで、チャンネルをさらに2つ増やすことができます。

コントロールボックスCO41/CO61 /CO71にはカスタマイズしたソフトウェアが組み込まれており、他では実現しえない高度な動きを可能にしています。LINAKポートジャンクションボックスPJ2と併用することで、さらにチャンネルを2つ増やすことができます。 
 
LINAKの他のコントロールボックス同様、PJ2も数多くの機能を提供します。

  • 極めて柔軟な取り付けシステムを採用しており、希望に合わせて自由に取り付けることが可能
  • 小型
  • 美しいデザイン

PJ2は簡単に医療機器に組み込め、シンプルでよく考えられたケーブルマネジメント(ケーブル取り回し)や、必要なケーブル本数が少ないことにより、取り付けや接続が簡単です。イノベーティブなブラケットソリューションにより、PJ2をフレームや電動アクチュエータ本体に取り付けることができ、自由に設計できます。 
PJ2向けフレームソリューション
PJ2向けフレームソリューション

IPX6 Washable DURA­™と、バッテリーポートは、PJ2ポートジャンクションボックスの標準装備になっています。LINAK OpenBus™シリーズでおなじみの高い機能性や互換性、優れたインターフェースもあります。持続性と耐久性に優れ、お手入れしやすいPJ2は、他のCOコントロールボックスシリーズ同様、病院のウォッシュトンネルや高圧洗浄装置で医療機器を丸洗いすることができます。 

LINAKポートジャンクションボックスPJ2やその他のLINAK OpenBus™ソリューションに関する詳細は、お近くのLINAKオフィスまでお問い合わせください

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。