ニュース 2017年4月12日

介護リフトの人間工学に基づいた改善

医療従事者や介護スタッフの職場環境における人間工学の重要性

介護者は自身の体で患者の体重を受け止めながら、重量のある患者がベッドから車椅子に移動するのを手伝っています。患者は離床するのに介護者に完全に頼っています。また、しばらくすると、今度は、患者が車椅子からベッドに戻るのも同じようにして手助けしています。この業務を安全かつ、介護者への怪我のリスクゼロで行うことは可能でしょうか?

もしかすると、介護者はこの業務を行うのに十分な力があり、怪我を防ぐ何らかのコツがあるかも知れません。しかし、事実としては、自身の体を使って患者/居住者/クライエントを持ち上げたり、移動させたりする業務により、筋骨格障害(MSD)を発症する介護者の数は増え続けています。 

LINAKが大切にしていること
長年に渡り、LINAKでは安全性と優れた人間工学に最も力を入れてきました。LINAKのインテリジェントケアソリューション™は、介護リフトを最適に調節する、付加価値ある機能満載のアクチュエータとコントローラーを提供しています。

貴社製品の要件に合わせて、LINAKでは適切なソリューションを構築することができます。貴社が重視しているのが、パワーでも、速度でも、静音動作でも、同期運転でも、LINAKではお客様のニーズを満たすシステムをご用意しています!

介護リフトの人間工学に基づいた改善

LINAKの介護リフトソリューションの詳細はこちらからご覧ください

インテリジェントケアソリューション TMは、LINAKの「Care For Tomorrow Today」理念を反映しています。 Care for Tomorrow Today

 

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。