バッテリーBA19とBA21でさらに多くの選択肢を提供
ニュース 2017年4月12日

バッテリーBA19とBA21でさらに多くの選択肢を提供

LINAKはバッテリーBA19をリリースすることにより、コントロールボックスプラットフォームで使える経済的なバックアップ用バッテリーを求めるお客様からの声にお応えしています。

LINAK電動アクチュエータが組み込まれている病院・医療機器のすべてがリチウムイオンバッテリーBA21のパワーを必要としているわけではありません。そのため、LINAKは信頼できるBA21のエコノミーバージョン、BA19を開発しました。 

いずれのバッテリーも、CA30/CA40/CO61など、LINAKコントロールボックスプラットフォーム(CB)用に開発されています。CBプラットフォームは、LINAKの「One World – One Box」原則に従い1種類のボックスを使い、お客様が複数の機器やシステムを開発しやすいようにしています。 

BA19およびBA21はこの原則を反映しており、いずれも効率的なバックアップ用電源で、同一の超シンプルなブラケットソリューションを使用しているため、機器メーカーが思い描く通りに使うことができます。 

これらのバッテリーはコントロールボックスに残量情報を送信します。また、充電器を内蔵しており、コンセントに接続するだけで充電できます。コントロールボックスプラットフォームのスマートなケーブルマネジメントもサポートしています。 

違いは何ですか?
BA19は鉛酸バッテリーです。滑らかでお手入れが簡単なデザインのこの製品は、広範囲に及ぶ試験が実施されています。BA21はリチウムイオンバッテリーです。そのため、卓越した耐久性とパワーを実現しています。また、製品寿命が長く、わずか0.7 kgと極めて軽量であるため、長時間コンセントに繋がずに動作することが求められる機器や、より高速かつパワフルな推進力を必要とするアクチュエータに最適です。

BA19/BA21はオプションを拡充しており、あらゆるニーズに対応した、電源に接続しない電源ソリューションを提供することを目指しています。 
BA19/BA21や貴社製品へのメリットについてより詳細にお知りになりたい場合は、お気軽にLINAKまでお問い合わせください。

LINAKコントロールボックスプラットフォームはLINAKの「Care for Tomorrow Today TM」 理念を反映しています。

Care for Tomorrow Today

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。