ニュース 2017年4月6日

Schneider Electric社が従業員の身体への負担を軽減し、生産効率を向上

昇降組み立て台は、オランダのエネルギー管理会社Schneider Electric社の安全性と効率性を大幅に改善するのに貢献しました。人間工学に基づく組み立て台で従業員に最適な作業環境を提供することにより、会社全体にメリットがもたらされました。

人間工学を向上することで作業者の筋肉の疲れを緩和し、筋骨格障害の発症を防ぎます。Schneider Electric社は大型のスチール製パソコンパッチキャビネットであるサーバーラックの生産ラインに、LINAKシリンダーソリューションを導入しました。Schneider Electric社の従業員は、身体への負担を軽減し、より効率的に作業することができるようになりました。

LINAK電動シリンダーLA36を実装した新しい組み立て台は、従業員の身体への負担を軽減し、生産ラインの全体的な効率性をアップしました。

全文はこちらをお読みください。

詳細は、お近くのLINAKオフィスまたは販売代理店までお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。