ニュース 2017年2月23日

Skovby Møbelfabrik社と高さ調整機能付きダイニングテーブル

デンマークのSkovby Møbelfabrik社はLINAKアクチュエータとバッテリーソリューションを使い、高さ調整機能付きダイニングテーブル市場に参入しました。

1933年の創業以来、 Skovby Møbelfabrik社 (家具工場)は、注文家具や装置を製造していた小さなキャビネットメーカーから、ダイニングルーム用家具の世界的ブランドへと進化を遂げてきました。

最近、LINAK電動アクチュエータとバッテリーソリューションを搭載した高さ調整機能付きダイニングテーブルを販売し始めました。

イノベーティブで機能的:高さ調整機能付きダイニングテーブル

PrebenとJørgenのRasmussen兄弟

近年、ダイニングキッチンエリアは、家族がリラックスする団らんの場として、住宅の中心的役割を果たすようになっています。そのため、メーカーはダイニングテーブルに新しい機能を付加することなどが可能になっています。Skovby社はこの課題に向き合い、ダイニングテーブルSkovby SM30が誕生しました。

デンマークのスコービーに本拠地を構え、3世代続く家族経営のこの会社は、今日でも3代目オーナーとしてPrebenとJørgenのRasmussen兄弟が経営しています。

高さ調節機能と人間工学に基づいた家具は職場では既に広まっています。今後、家庭用家具の人間工学の向上に関心が高まっていくでしょう」と、Jørgen Rasmussen氏は言います。

全文では次の詳細を読みいただけます。

  • Skovby Møbelfabrik社とLINAKがタッグを組んだ、技術革新に意欲的なコラボ
  • ソリューションをもたらしたインサイト
  • このプロジェクトのパートナーとしてLINAKが選ばれた理由

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。