Kopenhagen Fur社: 人間工学に重点を置いた効率改善
ニュース 2017年2月13日

Kopenhagen Fur社: 人間工学に重点を置いた効率改善

世界最大の毛皮工場に設置された約800台の作業台は、LINAK電動アクチュエータシステムでアップグレードされました。それにより効率性が高まり、病欠率が4%から3.5%に低下し、従業員の満足度が一般的に改善しました。

デンマークに本拠地を構える毛皮メーカーKopenhagen Fur社は、数年前に社内のすべての昇降作業台をアップグレードしました。クランクハンドルによる手動操作に代わり、LINAKの電動アクチュエータソリューションを導入したことで、それまでは同僚の力を借りる必要があった作業台の調節作業をワーカー1人で簡単に行うことができるようになりました。

それにより素晴らしい成果がもたらされました。詳細は、下のビデオをご覧ください。

KoKopenhagen Fur社: 人間工学に重点を置いた効率改善

事実: 
Kopenhagen Fur社は世界最大の毛皮メーカーです。毎年、3,000万枚の毛皮の品質分類作業が行われます。デンマークの毛皮用動物ブリーダー協会が所有・運営するこのオークションハウスの2015年の売上高は15億ユーロで、世界市場の6割を占めています。

工場での人間工学に関する詳細はこちらをご覧ください。

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。