ニュース 2017年2月2日

昇降キッチン – パイオニアの挑戦

デンマークのノスボルクに暮らすPetersen家のキッチンのリノベーションは、自宅インテリアが全く新しいチャプターに突入するパイオニアの挑戦となりました。

デンマークにある小さく風光明媚なアルス島に暮らす人々は、現状を打破したり、現在の基準を改善していくことに勇敢です。地元企業数社はイノベーティブな製品作りで国際特許を取得しており、人々は歴史的に変化に慣れています。 

絵画巨匠であるJorgen Petersen氏とその妻Helle Petersen氏にとって、家族のキッチンのリノベーションは、大規模なキッチンイノベーションとなりました。 

私たちのキッチンは家の築年数と同じ古さで・・・」と、Helle Petersen氏は説明します。「・・・全てが古びた感じで、しかも、キッチンカウンターが私達には低すぎました。そこで、基本的にキッチンは全てを取り壊して、ゼロからやり直す必要がありました。ですから、全部一新しました!

キッチンの電動インテリア
友人やPetersen氏の仕事仲間からの推薦で、デンマークの専門業者、 Sonderborg Kitchen社 と契約し、そこからは物事が素早く進んでいきました。

家の床面積は125 m²しかなかったため、少ないスペースを最大限活用することに非常に意識を集中しました。Sonderborg Kitchen社は一般的なテーブルや棚システムよりも高度なソリューションと品質を提供していることを知っていました」と、Helle Petersen氏。

Helle Petersen氏は、結果に大満足です。「これら全ての機能を利用できることはとても嬉しいことで、料理がさらに楽しくなりました」

Petersens家が自宅スペースをどのようにして最大限に活用したかの詳細はこちらで全文をお読みください。

事実:
昇降キッチンは2015年の夏にノスボルクに住むPetersen宅に取り付けられました。これは、LINAKの電動昇降装置を採用し、デンマークの専門業者Sonderborg Kitchen社が施工したパイオニアプロジェクトでした。
 

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。