DL12XL – ディスプレイ/モニタースタンド用の電動昇降装置を新発売
ニュース 2017年1月26日

DL12XL – ディスプレイ/モニタースタンド用の電動昇降装置を新発売

1700 mm – 新製品インラインタイプの電動昇降装置DL12XLは最長、この長さまで伸長できます。大型モニターやディスプレイ用に開発されたこの新しい電動昇降装置は、講堂や大集会所でのスクリーンの昇降で活用できます。

充実の製品プログラムがさらに拡充されました

LINAKは電動昇降装置を始めとする電動アクチュエータの開発に幅広い実績があり、実際、この分野は30年以上に渡り、LINAKのコアコンピタンスとなっています。現在、LINAKではXLバージョンの電動昇降装置を始め、市場で最も広範な製品ラインナップをご用意していますが、

XLシリーズをさらに拡充し、新たにDL12XLをリリースしました。XLシリーズに新たに加わったこの新製品の電動昇降装置は、インラインタイプであるという点で、シリーズ内の他製品と異なっています。通常あるモーターハウジングがないことで、さらに自由に製品を設計していただけます。

LINAKでは、メーカーの全体的なデザインを阻害しないよう、製品をよりエレガントでより控えめなデザインで作ることに常に力を入れています」と、Birgitte Holm-Melinプロダクトマネージャーは言います。

PIEZOTM(挟み込み防止機能)テクノロジーを標準装備

DL12XLにはPIEZOテクノロジーが標準装備されています。この障害物検知機能は、ディスプレイ/モニターを昇降する際に、移動方向に障害物がある場合、機器の動作を停止させ、逆走させることで機器が障害物にぶつかるのを防止します。PIEZOセンサーは電動昇降装置内に完全に内蔵できるため、見た目はそのままで、また、別途取り付け作業も不要です。

世界中の昇降オフィスデスクのために専用に開発されたLINAKテクノロジーは、天板の移動方向に障害物がある場合に衝突を防ぎます。

DL12XLを選ぶメリット:
  • 取り付け寸法が小さく、長いストローク
  • PIEZOを標準装備
  • 洗練され、控えめなインラインデザイン
技術仕様:
  • 負荷:600 N/脚
  • ストローク長:999 mm
  • 取付寸法:700 mm
DL12XL – ディスプレイ/モニタースタンド用の電動昇降装置を新発売

電動アクチュエータに関してご質問がありますか?

LINAKは、電動アクチュエータテクノロジーに関する深い知識と実績があります。お気軽にお問い合わせください。

LINAKニュースの配信(講読)登録

電動アクチュエータ関連の最新情報・市場トレンド・将来的グローバルな課題に対する取り組みなどの情報をお届けします。