IC(ドライバー機能内蔵)付きアクチュエータLA36に新しいオプション

LINAKはオールインワンパッケージソリューションとしてアクチュエータLA36のためのSAE J1939 CANbus通信オプションをご紹介いたします。

製品ニュース:  2017年8月17日

この標準的Bus通信により、カスタマイズすることなく、電動アクチュエータを貴社のCANbusシステムと接続させることが可能です。

CANbusコントロールを搭載した電動アクチュエータはお客様の機器への設置も簡単で農業機械や建設機械などの広範囲でお使いになれます。
この通信とライブデータのおかげで、お客様の制御システムとCANbus搭載アクチュエータとの相互通信が容易になります。

LINAK actuator LA36 with SAE J1939 CAN bus control

CANbus J1939通信で、アクチュエータの位置チェック、電圧・温度状況などのフィードバックの監視、複数の電動アクチュエータの操作が可能です。

CAN bus通信可能なドライバー機能内蔵のLINAK 電動アクチュエータは、貴社の機器にシンプルな接続で取り付け可能です。

CAN busはIC(ドライバー機能内蔵)付き電動アクチュエータ LA36のbusオプションで選択可能です。

 

詳しい情報につきましてはリナックへお問合せください。

リナック社は簡明な考えを基本とした - 電気アクチュエーターの国際的な企業です。
我々は、人々の生活の質的向上と働く環境の向上を提
Updated: 2017年8月17日 7:22