新しいACK3でベッド操作の快適性と効率性を向上

医療従事者が大幅に減少する一方、ケアを必要としている人々が増加する中、今後、医療上の大きな課題は、ケア時間の短縮と作業効率化です。そのことを考慮し、新しいアテンダントコントロールキーパッド(ACK3)を開発しました!

製品ニュース:  2017年8月11日

自由度と効率性を高めるベッド操作(ダブルベッドコントロール)

ACK3は、2つのキーパッドからなるベッド操作用コントローラーです。病院ベッドのサイドレールに取り付けられ、看護師と患者の両者が効率的に操作可能です。
患者にとって、看護師の助けなしに基本的なベッド操作ができるので、快適性が増し、行動の自由度が高まります。患者の自立性を高めることで、看護師の作業時間を有効活用でき、効率化できます。


直観的操作が可能

 高品質の信頼性の高いベッド操作が可能な他、ACK3は、各キーパッドに最大15個のキーと7個のダイオードがつけられます。これにより、看護師は、CPRのような救急時に重要なポジショニングをとる機能や正確なベッドポジショニングを含む、ベッド操作が可能になります。

 ACK3は、患者と看護師にとって非常に直感的な設計であり、ニーズに合わせてカスタマイズすることもできます。さらに、キーパッドをベッドサイドレールに組み込むことで、ケーブルを隠すことができ、清掃がしやすいです。また、ケーブルが締め付けられて、ベッドが作動しないなどのリスクを低減できます。

  ACK3



Care for Tomorrow Today

 

詳しい情報につきましてはリナックへお問合せください。

リナック社は簡明な考えを基本とした - 電気アクチュエーターの国際的な企業です。
我々は、人々の生活の質的向上と働く環境の向上を提
Updated: 2017年8月11日 11:43